よくあるご質問

学びのキーワード

Q.高校の「数学」は、種類が多いって本当ですか?
A.常磐大高では、「数学I・数学II・数学III・数学A・数学B・数学C」の6種類の授業を用意しています。中学の数学を基本にしながら、より数学を分野別に深く学習していく授業です。進路や将来を見据えて自分の方向にあった数学を学ぶことができます。


Q.「国語総合」ってどんな科目なの?
A.現代文や古文・漢文を学び、美しく正しい日本語が、書けたり、読めたり、話したりできるようにする教科です。「春はあけぼの…」「つれづれなるままに…」「子曰く…」古典の名作や美しい文章に触れて、自分の人生を豊かにしましょう。


Q.「倫理」ってどんな科目なの?
A.ソクラテス、仏陀、マザーテレサ…。倫理では、たくさんの人物をとりあげ、それぞれの生き方や思想を学びます。それらはみんな輝いていて魅力的です。そこから「愛」や「幸福」が見えてきて感動することもしばしば。自分の人生を考える有意義な時間になります。


Q.始業時間や授業時間はどのようになっていますか?
A.8時40分から読書の時間とSHR(ショート・ホーム・ルーム)があります。9時から1時間目が始まります。平日は6時間(特進コースは7時間)、土曜日は45分授業4時間です。第2・第4・第5土曜日は休みになります。


Q.英語の授業では、外国人の先生にも教わるのですか?
A.外国人の先生、ネイティブスピーカーの先生に教えていただく「英語表現I」という授業があります。イギリスから来日された先生の本場の発音になれることにより、リスニングの力がつきます。授業中でも教科書のほかに、海外の話題、映画、スポーツ、ミュージックなどテーマも盛りだくさんで楽しく学ぶことができます。


Q.「体育」の授業の内容が知りたい!
A.球技ではバレーボール、バスケットボール、バドミントンなどを、体育館やアリーナで行います。水泳は屋内プールなのできれいで快適です。常磐大学の全天候型テニスコートでのテニスをはじめ、グラウンドでは、ソフトボール、サッカーなどを2時間連続の授業で行っています。


Q.「家庭基礎」は、実習が多いの?
A.「家庭基礎」は、自分らしい生き方やくらし方を創造していく力を養う大切な教科です。そのため、授業のうち、半分以上を実験・実習に当てます。調理・被服製作の実習や調査・観察など、生徒の実践的、体験的な活動を中心とした教科といえます。


Q.芸術選択って、何?
A.音楽・美術・書道の3つの中から、自分の一番得意なもの、興味のあるものを選んで学びます。音楽では、外国の歌をその国の言葉で歌ったり、美術では共同制作に取り組んだりします。書道は百人一首や写経にもチャレンジし、専門性を深めます。


Q.パソコンを使う授業はありますか?
A.1年次には「情報」があります。今では、コンピュータや情報通信ネットワークを利用し情報を収集・処理・発信するための知識や技能を習得することが必要となっています。また、「英語」や「家庭」など他教科でもパソコンを利用した授業を行います。


もどる

ホームへ


(C)Tokiwa University